普通の人間になりたいひとのブログ

AC(アダルトチルドレン)な自分と向き合いながら、できる限り日々楽しく。生き辛い心を客観的に記録するブログです。

会話を面倒臭がらない

人と会話するのが下手だ。
具体的に言うと、一度言って相手に分かってもらえないと、すぐに会話を諦める癖がある。
どうやら「これ以上説明するの面倒臭い」「自分の事わかってもらえなくてもいいや」という思考になってしまうみたい。

一時「もういいよ」が口癖になっていたことがあって、これは相手を相当突き放す印象があるらしく、たしなめられたこともある。

仕事ではそんなことないのだが(むしろよく話す方だと思う)親しい間柄になればなるほど「これ以上言って分かってもらえないんだったらもういいや面倒臭い」となり、言い返されたり意見が食い違ったりするとさらに「あーもういいもういい」となる。

深く踏み込んで自分が傷つくのが怖いんだろうか。わかってもらえないことが怖くて逃げてしまうんだろうか。

ともかくこれじゃいけないなと思って、最後まで自分の思ったことや感じたことを言う努力をしている。
言い返されたり食い違う時は「ちょっと待って、ひとまず最後まで聞いてくれる?」と勇気を出して言ってみる。

会話を面倒臭がらずに、最後まで話して、最後まで相手のことを聞く。
少しずつ、相手との距離が縮まるような気がする。